ニキビ跡にゴシゴシ洗いは厳禁です

ニキビ跡が気になるからと言ってニキビ跡をこすってはいけません。ニキビ跡はパッと見るとシミのように見えますよね。わたしの頬にあるニキビ跡もパッと見るとただのシミのように見えます。

だけどシミでもニキビ跡でもそうですが、その部分の肌をこすって角質を落としてもシミが薄くなることはまずないですよね。だからニキビ跡ができていても気になるのはわかるけれど指でこすってはいけません。

指だけじゃなくてタオルでニキビ跡をこすることもいけません。タオルでニキビ跡をこすっても柔らかいタオルだったら良いと思うかもしれませんが、たとえガーゼやわらかいタオルでもニキビ跡をゴシゴシこすることはおススメできません。

じゃあどうするのかというと、ニキビ跡ができてしまったらその部分をファンデーションなどでカバーしながらニキビ跡が薄くなるのを待つしかないと思うのです。時間が経てばニキビ跡は少しずつ薄く変化してきます。

そんな悠長なことは言っていられないという人は、ニキビ跡が無くなるような薬や美容クリーム等を使ってみると良いでしょう。何もやらないでいるよりは、そういう簡単なことでもやった方が変化があると思います。気が付いたことをやってみるのはいいことです。

参考URLを貼り付けておきますので気になる方は御覧ください:ニキビ跡ケア


10代に戻れるなら絶対にニキビを潰すことはしません!

ニキビに悩まされた10代、ニキビ跡に悩まされた20代。今は40歳になり若干目立ちにくくなったもののやはり、ツルンとしたお肌にはならず今も出来ることならこの跡を取りたいと奮闘中です。

10代、ニキビが出来たらつぶしていました!これは本当にやってはいけない行為!親が友達が止めてもプチっとつぶし白い栓が出て来たら快感で止められませんでした。タイムスリップ出来るなら無理に止めさせたい!10代のお肌はニキビを潰しても数日後にはプルンとしたお肌に戻るんです。しかしこれを繰り返していくうちにクレーター肌になってしまいました。20代お化粧も憂鬱になるほどのボコボコ肌。下地にも気を使い、重ねづけしたりチークでごまかしたり。ごまかされるお肌ではなかったけど、ボコボコが少しでも目立ちにくくなるものなら、なんだってしていました。今思えばごまかしても駄目だとわかるんですけどね。

あの頃は情報も少なく、雑誌やテレビの影響が大きかったのでいいと言われるなら!と実践してたんです。出産を境にクレーター肌も落ち着き、独自の美容法(ぬるま湯洗顔→スキンケア一切なし)を実践して今一番綺麗ではないか!?という状態です。クレーター肌に良いとされるピーリング液を買って二週間に一度ケアするようになってもっと目立ちにくくなったように思います。でも本当はタイムスリップしたい!それだけです。

ニキビクレーターを消す方法は探せばいくつも方法があるので、「迷ったら試してみる」ぐらいの心構えで臨んでみるのが良いかもしれません。


切干大根のポテンシャルを見たっ!

切干大根というと、私は今まで「おばあちゃんが食べるもの」として認識していました。
切干大根の料理って、お弁当の端っこにちょこんと入れられている煮物くらいしか思い浮かばないし…。
自分で料理しようとも、全然思わなかったんです。

大根は大好きなんですよ。
ふろふき大根も良く作りますし、「せっかくのほくほくした大根を細切りにするなんてもったいない!」とも思ってました。

ところがある日、Instagramの料理上手さんが「切干大根でサラダを作ると美味しい♪」と投稿しているのを見て…。
早速レシピサイトで調べてみると…結構メジャーな調理法なんですね!

1.切干大根を水に浸し、様子をみつつ5分以内を目途に水切りをする。(浸し過ぎるとくたっとなっちゃいます。)
2.かいわれ大根やみょうが、大葉やきゅうりなど、好きなお野菜を千切りにして1とまぜる。
3.ポン酢をまわしかけ、良く混ぜて完成!

とっても簡単ですし、一口食べると切干大根がシャキシャキのコリコリでとっても美味しい♪
ワン・ツー・スリーで簡単だし、安いし、こんなに美味しいなんて!と私は衝撃を受けました☆
最近は上の行程に和からしを混ぜ、ぴりりとさせるのも日本酒と好相性でお気に入り!

『くせがない食材なので他にもアレンジが出来そう!』と、あれだけ興味がなかった切干大根にビシビシと可能性を感じた夜でした。


夏の先行セールへ参戦

今日は朝から早起きして夏のセールへ行ってきました。
だいたいどこのショップやデパートもセールが始まるのはもう少し先かもしれませんが、最近ではプレ先行セールなるものがあり、欲しいものを早めにゲットすることができます。
売り切れてしまいそうなアイテムはなるべく先行せールのうちに買っておくのが私のルールです。
今日は大好きなURBAN RESEARCH STOREへ直行。
着回しやすいベーシックなものからトレンド感のある洋服までいろんな種類のアイテムが揃っていて、なおかつお手頃な値段のものが多いのでよく利用しています。
メンズもあるので彼氏と一緒に買い物に行くこともできます。
お互い洋服の趣味が合えば一緒に買い物するのも楽しいです。
さて、今日はずっと着てみたかったマキシスカートを目当てに散策してきました。
かわいいワンピースやオールインワンも売っててかなり気になったけれど、ここは最初にほしいと思ったマキシスカートに絞ります。
いくつか試着してみたけれど、体型に合うものってやっぱり試着しないとわからないですね。
似合うかと思って選んだものが、スタイル悪く見えたりするものです。
悩んだ結果一番高いやつを買ってしまったのですが、気に入ったので大満足です。


うにの殻むき手伝い

現在、求職中のため時間が余っているということで、親戚の方がやっているうにの殻むきを手伝いに行きました。
手順としては、殻を器具で割る人、わたをピンセットで取る人、殻に付いている中身をスプーンで取る人で別れて作業するということで、自分は中身を取る所を任されました。
以前の仕事で、製造の仕事をしていて、大抵は機械を見ていたのですが、省力機と呼ばれる物を使って仕事したり、はんだ付け等もしており、流れ作業に慣れていたので、手順的にはすぐに覚えられました。
しかし、スプーンで中身を取るのには少し慣れが必要で速くできるのに、多少掛かりました。
そして、時間も大分経ち、3時間くらい作業していたら、親戚の方がうにを持って市場のほうに行ったらしく、その間に別の作業を試しにやることになりました。そこでやったのは、わたをピンセットで取る作業でしたが、これが中々難しく、わたが相当付いていて、取ろうとしても取れず、ある程度、ピンセットで取ってから水にすすいでも、中身が全部取れたりと上手く行きません。もう大半のうにの殻をむいたところだったので、数もそう無かったのもあったのですが、全然上手くできず悔しかったので次はもう少し上手くやりたいです。
久しぶりに仕事らしいことをしたので、体力がなくなっていたため、疲れてしまいました。
もし、就職して流れ作業の仕事に就いたら、この時の経験を生かそうと思います。


背中ニキビを治すのも自分に合うものを使って

毎年夏になると気になり出すのが背中のニキビです。プツプツと潰したくなる憎いやつ。
何かいいものはないかと色々なものを試してきましたが、これというものになかなか出会うことはありませんでした。
水着を着るにはどうしても背中を出さなければいけないのでコンプレックスでもあった背中のニキビ。

ある日偶然ドラッグストアーで見つけたニキビ用の薬用ローション、手頃な価格だったのにも釣られて買ってしまいました。
私が選ぶのは手頃な値段でどこの店舗でもわりと簡単に購入できるものが絶対条件です。
それから過大広告のものはあまり信用しないことにしているのでそこそこ知っている会社が出している商品で、棚の隅にひっそり佇んでいるものなどを選んでいます。

その時買った商品はとても私に合っていたようで背中のニキビにはとても効果がありました。
これは背中ニキビの治し方として、かなり効率が良いように感じました。
パシャパシャ思い切って使うのもポイントだと思います。チミチミ使うよりは贅沢使いです。
お風呂上がりにパシャパシャとつけて後は好きなことをしてストレスを発散して寝るだけ。

これをしばらく続けた所、汚かった背中のニキビは見違えるほど綺麗に治っていました。
これには本当に感激してみんなに教えたい気分になりました。
安いものでも効果がある、これは私の持論ですが運命の商品というのは必ずあります。


転職活動に必死

高校を卒業してすぐに社会人になってずっと同じところで働いていたのですが、あまりにブラックすぎる環境になってしまったので退職を申し出てから漸く。
つい先日退職できました。

長く勤めたので思い入れはあったものの、仕事の量が異常でした。
責任者なんだからそれくらいやっても当然、みたいな言い方をされていましたが、それにしても悲惨な感じで。
部下や上司が定時で帰っていく最中、わたしはというと、部下には任せられない仕事と、上司が帰り際に押し付けてきた仕事に追われてしました。
仕事の要領が悪い方ではないと自負しているし、どちらかというと長く勤めていたのもあって、仕事は何でも速くこなせていた方だと思います。
それでも残業はほぼ毎日。休日出勤も当たり前でしょ、みたいな感じで命じられて、一ヶ月でお休みなんて四日あればいい方かな、くらいでした。

入ったばかりの頃は違っていたのに、途中で経営方針が変わったのがこんなにブラックに変わってしまった原因なんだと思います。

辞職を許さない、まだ駄目だ、と言われ続けながらも一週間に一度退職届を出しに行っていたら漸く退職できたものの。
転職活動に追われています。
そんなに焦るほどのことでもないのですが、前職の業界には関わりたくなくて、まるで異業種に転職しようと思っているからなんだと思います。
応募しても、ご縁がなかったということで、みたいなお返事がほとんど。
業界未経験者も歓迎、人柄重視です、という謳い文句の求人なら、せめて面接だけでもしてくれたらと思ってしまうくらいに連続で書類選考落ち。
しょんぼりです。

そうかといって、めげてもいられません。
一人暮らしでは何かとお金がかかるし、辞めてから間を置きすぎると働く意欲が削がれてしまいそうで、今、早く働きたい、と思う気持ちがあるうちに急いで転職活動しちゃおうと思います。

今日も二件申し込んだから、せめて面接まで通ってくれることを願うばかりです。


最近焼きおにぎりに凝っています!

「焼きおにぎり」って聞くと、何を思い浮かべますか?
夜食?居酒屋?お弁当・・・手抜きご飯?

私は「土曜日のブランチ」です。

ここ最近、4ヶ月くらい
焼きおにぎりに凝っているんです!

きっかけは、旦那と家で二人遅い昼食を取った時
その日はパンケーキをホットプレートで焼きながら
色々好きにトッピングして食べていたんですが
旦那が「米食いたいな~」と言ったものだから
炊飯器にちょびっと残っていたご飯をちっちゃいおにぎりにして
旦那に渡したんです。

そしたら旦那、何を思ったのか
おにぎりをホットプレートにON!
簡単焼きおにぎりにしたんです。
で、スティックサラダ用に出してあった
味噌&マヨにおろしニンニクを混ぜたディップを塗り塗り。
それをさらにホットプレートに・・・
香ばしい匂い・・・私にも作って!とお願いして
二人で熱々の焼きおにぎりをパクリ。

・・・おいしいいい~~~!!
ちょっと焦げ目がついたディップが合うのです!
これは良いねと、その後も土曜のブランチは
焼きおにぎりパーティーとなりました。

今まで試して美味しかったのは
「チーズ・おかか・お醤油」
「ベーコン・味噌マヨ」
「しゃけ・みりん・醤油」
どれも、ご飯にまぜまぜしてホットプレートで焼くだけです。
ご飯は炊きたてより冷えてるほうが良い気がしました。
炊き立てだと、焼いてるときに崩れてしまいました。

今週はイタリアン風にチャレンジ予定!
チーズ・ケチャップ・バジルあたりをアレンジします。
皆さんも美味しい焼きおにぎりネタがあったら
教えてくださいね!


専業主婦になりたい

35歳、結婚3年目。大学卒業後に就職した会社で今も働いています。
残業があるわけでもないし、忙しいわけでもない、嫌いな人がいるわけでもない。
でも辞めたくて仕方がないんです。

夫は共働きを希望しているわけではないけれど、今のご時世子供がいるわけでもない主婦が、専業主婦になりたいという理由だけで、会社を辞めることは気が引けると思っているのは私だけなのでしょうか?

もっと丁寧な生活をしたいんです。ゆっくり掃除をして、丁寧にご飯を作って、流れ作業みたいに時間を使うこの毎日に飽き飽きして仕方がありません。
そんなの贅沢な気持ちになるのかな?
扶養控除がなくなるとか、年金を考えると共働きが当たり前みたいな記事ばかり。

家事をもっともっと丁寧にする生活、家族のためにも、自分のためにも身も心も綺麗になると思うんです。
専業主婦の母を見て育ったから、余計に母の生活に憧れるのかもしれません。
…なんて夫にも同じようなことを言われたら、我が家の生活は成り立たないので困るわけで…

ウジウジ考えていても、歳をとるばかりで時間がもったいない。

結婚するまでに人生設計を考えていればよかったんだけど、結婚後の生活が見えなかったんです。
40歳までが勝負の時間。女は40歳からが勝負!!


今日は仕事をしました

今日は朝から仕事をしていたので疲れてしまいました。仕事をするために食べ物をいっぱい食べておいたのですけど、途中でエネルギーが切れてしまいました。朝はピザパンと麻婆丼、そしてフルーツの缶詰を食べました。これだけ食べれば大丈夫だろうと思っていたのですけど、ちょっと足りませんでした。

仕事をするためにはとにかく食べ物を食べないと行けません。ダイエットをしていた時期がありますが、それによって集中力が下がってしまいました。しっかり食べないと仕事はできないということです。

仕事は楽しいですね。仕事内容が楽しいというよりはそれによって得たお金を使って食べ物を買うのが楽しいのです。美味しいものはどれかなと常に考えながら生活をしています。そして、自分の稼いだお金を使って美味しいものを買うことが出来た時は幸せです。

自分は生きるために仕事をしているのだと思います。趣味にお金を使ったこともありました。しかし、今は食べ物を第一に考えています。趣味は食べられません。しいて言うならば食べることが趣味です。それ以上に楽しい趣味はないと思っています。

お菓子ばかり食べていると太ってしまいます。でも少しくらい太っていたほうが体調は良いです。